リアライン日記・・体のゆがみを取り除くリアライン・コンセプト: 5月 2011

2011年5月31日火曜日

ウエイト・リフティング選手に対するバランス・シューズ利用の実践報告・・服部哲也トレーナーからの実践レポート

神奈川を中心に、野球、バスケなど幅広くトレーナー活動をされている服部トレーナーから、リアライン・バランスシューズをウエイトリフターに使用した実践レポートを送っていただきました。


 きっかけは、ウエイトリフティングの指導者から「うちの選手の足首が痛くて、深くしゃがみ込むことができない。以前に捻挫したところが痛いようだ。なんとかならいか?」との連絡を受けたことでした。早速、練習場所に駆け付けたところ、「国体の本番まで1ヶ月をきり練習ができないと本番も期待できないから何とかしてくれないか。」と頼まれました。

選手から話しを聞いた上で、身体をみていくと、慢性足関節不安定症とともに背屈位でのマルアライメントが顕著にみられました。それに伴い、下腿外旋などその他の部位のマルアライメントもみられました。そこで、以下のように対応しました。


 (1)リアライン
 
 足関節周囲をマニュアル・リアラインにてリリースしたあとに、外反母趾が少しでも直るようにと立方骨や楔状骨に対してリアラインを実施しました。その結果、普通にしゃがみ込む際の痛みがほとんどないとのことでした。ただし、膝関節における「下腿外旋アライメント」は残存していました。

股関節とかも硬いだろうなと思いながら、時間もないので、下腿の内外旋エクササイズをやってもらうと、3横指ちょっとあった膝のすきまがぴったりくっついていく変化に選手はびっくり! 印象深い出来事でした。


(2)バランスシューズ

次の機会にバランスシューズを持っていき、実はこういうものがあると見せ、やらせてみました。

スクワットのエクササイズをやっている時に、選手自ら「これってちゃんとした動きを覚えるのに良いですよね!」と。さらに、トレーニング終了後には、バランスシューズを脱いで立った瞬間に、「ちゃんと立ってる! これで挙げたら絶対挙がりますよ!」と選手からは好反応。もう少し使ってみたいと言い出したので、すかさずエクササイズ指導に入りました。

 エクササイズとして、GLABによる動画「基礎編」のレベルⅠを指導し、ウォーミング・アップの一環として利用することをアドバイスしました。


 ウエイト・リフティングは体重制限がある種目なので、いかにロスなく、筋出力を上げることが記録向上に直結するスポーツと考えられます。2つの課題を克服するものとしてバランス・シューズが適していると話すと、実際に体験していた為か選手はすんなり理解し、バランス・シューズエクササイズを導入することに同意しました。

その後は、2名の選手が約1ヶ月という短い期間でしたが、バランス・シューズを利用してコンディショニングを整え、大会に臨み、2名とも過去最高の記録を更新して大会を終了しました。

以上、簡単ではありますが、バランス・シューズをウエイト・リフティング選手に導入した経緯と実践報告でした。



ReaLine リアライン ~からだのゆがみを科学する~ www.GLABshop.com

2011年5月29日日曜日

アクア・リアラインの導入報告

体の歪みを整えるリアライン・コンセプトの応用範囲が広がりつつあります。今回は、いつもお世話になっている出口トレーナーから、プール内で行うバランスシューズエクササイズの導入についてのレポートです。


★水中リアラインについて

 水中での通常の歩行(バランスシューズなし)で、水深が胸近くまであるところで胸の前で両手を伸ばしてビート板に手を乗せた状態で歩くと悪いクセがよく出ます。私の場合は右足の蹴りが真っ直ぐではなく斜め左前方に向いているせいか、左足着時に左へ左へ流れてしまいます。(右には全く流れません)、

 水深が浅い場合は身体を沈めて肩までつかり同じようにビート板に手を乗せて歩きます。(KBWのような歩きになりますが)、そうすると同じような現象が出ます。


 水中でバランスシューズを使うのは陸上よりかなり楽に使えます。歩行も比較的安定して楽に出来ますし、スローでやるその場ステップも簡単にできます。(陸上では難しいですが)


 それが、水中でバランスシューズエクササイズをしてすぐに陸上でやるとかなり安定して出来るんです。その場でのスローのステップも簡単に出来てしまいます・・・!

 それに上記の歩行も安定します(完全ではないですが)

 これは私だけの感覚なのか、他の人にやってもらってないのでよく分かりませんが、ちょっと興味の沸く現象です。リアラインされているのでしょうね!もう少し試してみます。


 下北沢病院のプールではリアライン・トレーニング(コンディショニング)を提案しています。特に学生などで病院のリハは卒業したもののまだ十分なランニングなど出来ていない人を対象に出来ればと思っています。プールサイドと水中でバランスシューズなど活用したいと思います。


ReaLine リアライン ~からだのゆがみを科学する~ www.GLABshop.com

2011年5月27日金曜日

リアライン・レッグプレスを用いた変形性膝関節症の治療法

変形性膝関節症(膝OA)では、膝の回旋に異常が生じています。いわゆるスクリューホーム運動に異常が生じた状態です。

これに対して、私たちは回旋運動を正常化するためのリアライン・レッグプレスを開発しました。下のビデオでは、このレッグプレスを用いた膝の内旋運動、内旋位でのレッグプレス、そして内旋位獲得に抵抗する軟部組織のリリース法を紹介しています。




ReaLine リアライン ~からだのゆがみを科学する~ www.GLABshop.com

2011年5月26日木曜日

JOSKAS演題発表日程です。

6月16-18日に札幌で開催されるJOSKASに当研究室から下記の演題を発表します。



<口演>
筆頭著者: 山内 弘喜
筆頭著者所属機関: 広島国際大学大学院 医療・福祉科学研究科
演題名: 投球障害肩における投球を模擬した運動中の肩峰下スペース狭小化:3D-2D registration法による肩甲上腕関節の動態解析
演題番号: O1-2-1
セッション日時: 6月16日(木) 09:10~10:05
セッション: 投球傷害肩
会場: 第2会場(中ホール)

筆頭著者: 米田 佳
筆頭著者所属機関: 広島国際大学医療・福祉科学研究科
演題名: 一次性内側型変形性膝関節におけるレッグプレス運動中の異常キネマティクスの進行: 3D-to-2D Registration法
演題番号: O1-3-13
セッション日時: 6月16日(木) 11:30~12:15
セッション: OA
会場: 第3会場(107+108会議室)


<ポスター>
筆頭著者: 蒲田 和芳
筆頭著者所属機関: 広島国際大学保健医療学部理学療法学科
演題名: 思春期膝関節における脛骨隆起と大腿骨外顆との近接領域: 変形性膝関節症発症の解剖学的危険因子に関する予備研究
演題番号: P-247
ポスターセッション日時: 6月16日(木)17:00-18:00
ポスター掲示期間:6月16日(木)~6月17日(金)
ポスターカテゴリー: 膝関節:変形性関節症
会場: ポスター会場(札幌コンベンションセンター 大ホール)

筆頭著者: 蒲田 和芳
筆頭著者所属機関: 広島国際大学理学療法学科
演題名: 変形性膝関節症に対するスクリューホーム運動改善を意図した運動療法の即時効果:ケースシリーズ
演題番号: P-246
ポスターセッション日時: 6月16日(木)17:00-18:00
ポスター掲示期間:6月16日(木)~6月17日(金)
ポスターカテゴリー: 膝関節:変形性関節症
会場: ポスター会場(札幌コンベンションセンター 大ホール)

登録番号: 90635
筆頭著者: 生田 太
筆頭著者所属機関: 広島国際大学大学院 医療・福祉科学研究科
演題名: 健常膝における運動様式による膝キネマティクスの相違:3D-to-2D Registration法
演題番号: P-382
ポスターセッション日時: 6月16日(木)17:00-18:00
ポスター掲示期間:6月16日(木)~6月17日(金)
ポスターカテゴリー: 膝関節:その他
会場: ポスター会場(札幌コンベンションセンター 大ホール)

筆頭著者: 米田 佳
筆頭著者所属機関: 広島国際大学医療・福祉科学研究科
演題名: 一次性内側型変形性膝関節と前十字靭帯不全膝におけるレッグプレス運動中のキネマティクス
演題番号: P-259
ポスターセッション日時: 6月16日(木)17:00-18:00
ポスター掲示期間:6月16日(木)~6月17日(金)
ポスターカテゴリー: 膝関節:変形性関節症

筆頭著者: 小林 匠
筆頭著者所属機関: 広島国際大学大学院 医療・福祉科学研究科 医療工学専攻
演題名: 機能的不安定性足における荷重位足部内旋運動時の距腿・距骨下関節キネマティクス:3D-to-2D Registration法
演題番号: P-448
ポスターセッション日時: 6月16日(木)17:00−18:00
ポスター掲示期間:6月16日(木)〜6月17日(金)
ポスターカテゴリー: 足関節
会場: ポスター会場(札幌コンベンションセンター 大ホール)



ReaLine リアライン ~からだのゆがみを科学する~ www.GLABshop.com

2011年5月23日月曜日

リアライン・インソールの使用後の写真を公開します

本日、北海道の病院からリアライン・インソールを1年間使っていただいた女子バスケットボール選手が新たにインソールを装着されたのを機会に、使用後のインソールを送っていただきました。

下がその写真です。




ここまでボロボロになるまで使っていただき、感謝です。この選手は足の第2中足骨疲労骨折の治療の一環としてリアライン・インソールを病院で処方されました。現在ではリアラインがないとバスケットボールができない、とまで言ってくださっています。思わず、1個プレゼントさせていただくことにしました。

一方で、現在進めているリニューアルでは、このダメージを分析して、より安心して長く使っていただける商品にしていきたいと思います。


その他の、現在リアライン・インソールをご愛用いただいている方にお願いです。
インソール本体に穴が開いたら使用を終了してください。一般の方ですと2-3年、アスリートですと3-6か月程度で穴が開き始める場合があるようです。足の裏に何か問題が生じる前に、インソールの買い替えをお願いいたします。


ReaLine リアライン ~からだのゆがみを科学する~ www.GLABshop.com

2011年5月20日金曜日

リアライン・インソールの開発ストーリー

今日はリアライン・インソールを開発するに至った経緯についてご紹介します。

リアライン・インソールという商品は、もともと手作業で材料から削り込んで作っていたカスタムインソールを期限とします。手作りインソールでは、一人ひとりの足に合わせて、また疾患や症状に合わせて個別に作ることを重視していました。

当時、患者数の多いクリニックに勤務していたので、スピードアップに迫られ、徐々により多くのアスリートの足に簡単にフィットできる形状を工夫するようになりました。インソールの作成個数が500個を超えたあたりから、基本形がほぼ固まり、余程強い変形が無い限りは、ほぼ固定された形状でも問題ないことが分かってきました。

その理由は、扁平足、ハイアーチ、外反母趾など足の変形やバリエーションがあったとしても、すべては中間的な足に戻すことができるためです。つまり、インソールは変形してしまった結果に対してフィットさせるのではなく、それぞれの足にとって理想のアーチ構造を再構築するようにつくることで、ワンパターンのインソールであっても、足の方が徐々にインソールの形状にフィットするように変化を起こしてくることが分かりました。その結果、どのような足であっても、中間的な理想的なアーチ形状を目指す上で、インソールの形状にはほとんどバリエーションを考える必要がなくなってきました。

つまり、固定されたリアライン・インソールの形状は、ほとんどすべてのヒトの足の形状を最適化するための形状を持っていることになります。

中間的な足、理想のアーチ構造とはなんでしょうか? それは立方骨が挙上し、5本の中足骨が足部長軸方向とほぼ平行に配置された足を言います。逆に言うと、立方骨をうまく挙上することさえできれば、ほとんどの足部タイプを中間的な足に引き戻すことが可能なわけです。(個別性を重視して足を見ておられる方は、おそらくこの説明だけでは納得されないと思います。しかし、これは真実です。)

簡単な見極め方として、舟状骨に対して楔状骨の内方への可動性を確保し、その上で青竹ふみなどで立方骨を挙上させると、立方骨という1点を押し込むだけで、内側アーチ、外側アーチ、そして横アーチが自然にできてきます。つまりドーム状の立体的な足に変化してくるのです。

私は、このドーム状の足を理想と考えています。ドーム状ということは、常に立体的な構造を持つので、衝撃吸収が最適に行える状態と言えます。また地面を蹴るときは、自然に足趾が反ることによって足底腱膜などアーチを支持する筋腱が緊張して、足の力の伝達機能が向上します。

現在のリアライン・インソールにおいて、はめ込み式の中央アーチパッドは立方骨を支えるために作られました。硬さを3種類同梱していますので、立方骨の高さのバラつきに対しても、この中央アーチのパッドの入れ替えだけで簡単に調整が行えます。

3つのアーチが1点でサポートされると、足全体が劇的に安定します。様々な方向に足を揺らしても、足が地面に吸い付いたように安定します。また立っているだけで膝や腰が疲れる方でも、立方骨をさせることによって足の変形が膝や骨盤に影響することが無くなります。


ReaLine リアライン ~からだのゆがみを科学する~ www.GLABshop.com

2011年5月14日土曜日

知る人ぞ知る・・・まだ秘密です。

ReaLine リアライン ~からだのゆがみを科学する~ www.GLABshop.com

リアライン・フィットネス第1弾 “膝の歪みを整えるグループレッスン” 実施決定!

東広島市のスポーツクラブHakuwaにてリアライン・フィットネスを実施することが決まりました。整形外科に治療に通うほどではないが、膝の不調やO脚、ゆがみに悩む女性を主な対象として、グループレッスンを企画します。

3か月間のスクール形式とし、1回目と12回目には測定を行います。2回目から11回目までの10回で、膝のねじれを整えて、膝周辺の不調を解消することを目指します。

主な運動内容としては、
①ハムストリングスの機能改善エクササイズ
②バランスシューズを使ったエクササイズ
③リラクセーションエクササイズ
といった感じになります。

このブログでゆがみ改善効果をレポートできるよう、しっかりと取り組みたいと思います。




ReaLine リアライン ~からだのゆがみを科学する~ www.GLABshop.com

距骨下関節の回内を、代償なくトレーニングできる唯一の方法

距骨下関節の回内を、代償なくトレーニングできる唯一の方法はバランスシューズ足関節用の次のような運動です。

腓骨筋の活動はMVCの2-9倍!


video


ReaLine リアライン ~からだのゆがみを科学する~ www.GLABshop.com

アキレス腱リリース

アキレス腱リリースは、アキレス腱炎治療の重要な要素でもあり、捻挫などで乱れた足関節運動を矯正し、正常な背屈を得るための必須項目でもあります。

アキレス腱上の皮下組織がアキレス腱上で滑るようになると、脛骨からアキレス腱がやや離れることができ、足関節後方部に空間的な余裕が生まれます。これを行った上で、屈筋支帯をリリースすると、さらに完全な足関節の背屈が得られるようになります。

足関節の正常な背屈とは、距骨が後方に滑り込むので、踵が内果の後下方に離れるようになります。下の動画を見ていただくと、最初は背屈に伴って踵骨が前方に移動しているのが、徐々に後下方に移動するようになります。つまり、内果から踵骨の先端までの距離が徐々に広がっていくのです。このとき、舟状骨は内果に接近し、距腿関節に距骨滑車が完全にはまり込みます。

内果のうしろに距骨が滑り出てくる様子が見えますか? これが見えてくると私は快感を覚えます。

この技術について、CSPT第2回(広島、横浜、札幌)で実技講習を行います。詳細はGLABshop.comをご覧ください。


video



ReaLine リアライン ~からだのゆがみを科学する~ www.GLABshop.com

2011年5月11日水曜日

リアライン・インソール・フェムについてお便りをいただきました。

リアライン・インソール・フェムをご愛用いただいております大阪のお客様から、以下のようなメールを頂戴しました。

私の使用させていただいた感想ですが、私の足は横のアーチが落ちている開張足らしく、ヒールの在る靴を履くと足が前に滑ってしまい3~4センチのヒールだとどうにか持つのですが。6センチ以上になるともうすぐにでも靴を脱ぎ捨てたくなるはどヒールが履けない足だったのです。

靴箱にもあきらめて眠っていた靴が何足もありました。中敷もいろんなタイプの物を試したりもしましたが、無いよりはましかなーと言う程度のものばかりでした。 


もう、私はヒールが履けないとおもってましたが、こちらの商品を見つけて,駄目もとと思い試してみましたら、今まで痛くてすぐに脱ぎたくなる靴が、普通に歩けたんです。本当に今までの歩きずらさや、痛みも無く歩けたんで本当に、うれしくてうれしくて。 


今は今まではけなかったいろんな靴に入れてみて、試しています。靴のタイプ的にはかぶりの深いパンプスや、ひも付きには大変 有効です。サンダルとかはあまり変わらない感じですね。サンダルとかにもしっくりくる商品出来ればご紹介ください。 


色々書きましたが、本当に女性にはうれしい商品です。どうもありがとうございました。

もっともっと「眠っているハイヒールの復活」を期待しつつ、フェムの改良も進めたいと思います。

                                   

 
 
ReaLine リアライン ~からだのゆがみを科学する~ www.GLABshop.com

2011年5月7日土曜日

リアライン商品がスポーツオーソリティにて販売決定!

リアライン・インソールとバランスシューズがスポーツオーソリティで販売されることになりました。

同店は全国に約100店舗ありますが、まずは横浜市のセンター南にある港北ニュータウン店で先行販売されます。近隣のスポーツチームやランナーに説明をしていただき、徐々に認知を広めていく予定です。

商品は5月中旬には並ぶことになります。横浜周辺の方は是非一度ご来店ください。
http://www.sportsauthority.co.jp/location/shop/kohoku_area.html




ReaLine リアライン ~からだのゆがみを科学する~ www.GLABshop.com

2011年5月5日木曜日

DVD リアライン・コンセプト シリーズ発売のお知らせ

関節疾患では、痛みや機能が一般的なスケジュール通りには回復しません。これは、損傷した組織が治癒するスケジュールとは別に、関節のマルアライメント(歪み)がそのまま存在するためです。つまり、マルアライメントを改善しなければ、時間の経過では解決しない問題が含まれているのです。

関節疾患を考える上で、リアラインは不可欠です。しかし、関節のリアライメントはそれほど容易ではありません。各関節のマルアライメントの特徴やメカニズムを深く理解しておかなければ、手も足も出ないでしょう。

関節疾患のリアラインを基礎からじっくり学びたい方のために、足かけ1.5年もかかってしまいましたが、リアライン・コンセプトをまとめたDVDが発売されることになりました。今回の第1弾では、足部、足関節、膝関節の3巻となります。

主な要項は以下の通り。

タイトル:アスリートから高齢者まで関節のゆがみを整える”リアライン・コンセプト” 下肢編

制作・販売:ジャパンライム社
監修:蒲田和芳(広島国際大学准教授)
モデル:窪田 智史(広島国際大学大学院、理学療法士)、藤岡早希
発売時期;2011年5月末頃

構成
Vol. 0 リアライン総論
Vol. 1 足部

Vol. 2 足関節

Vol. 3 膝関節(脛骨大腿関節、膝蓋大腿関節)


以上それぞれについて、
 1)疾患概念
 2)アライメント評価(原因因子)
 3)リアライン・コンセプトによる治療
  ①リアライン
  ②スタビライズ
  ③コーディネート

リアラインでは、リアライン・エクササイズ(運動療法)に加え、リアライン・デバイス(インソール、テーピング)やマニュアル・リアライン(徒手療法)なども豊富に紹介。


クリニカルスポーツ理学療法セミナー(CSPT)の内容をかなりカバーしていますので、日程の都合でCSPTに参加できなかった方、遠方でCSPT参加が困難な方、CSPTに参加したが復習したい方、などにもお勧めです。



ReaLine リアライン ~からだのゆがみを科学する~ www.GLABshop.com

2011年5月2日月曜日

第7回SPTS・リアラインセミナー日程決定のお知らせ

SPTS・リアラインセミナー日程決定のお知らせ


株式会社GLAB
SPTS事務局

 東日本大震災のため延期させていただいておりましたSPTS・リアラインセミナーにつきまして、下記の通り開催の運びとなりました。計画停電と原発に関して不確定要素は残されておりますが、下記の通り開催させていただきたく、ご理解とご協力をお願い申し上げます。


   第7回SPTS・リアラインセミナー開催要項

  ◆日時:2011年8月27日(土) 13:00-20:00 リアラインセミナー

            8月28日(日) 9:45-16;30 第7回SPTS
         ※ 受付開始:それぞれ30分前より受付を開始します。

  ◆会場:ロート製薬株式会社 東京支社セミナー室
       〒105-0022 東京都港区海岸1-2-20 汐留ビルディング20F 

  ◆アクセス:JR浜松町駅 徒歩1分
          http://www.rohto.co.jp/comp/map/map_tokyo.htm 


お問い合わせ:
  株式会社GLAB SPTS事務局(担当:伊藤)
  seminar@g-lab.biz
  tel/fax: 0823-70-4550




ReaLine リアライン ~からだのゆがみを科学する~ www.GLABshop.com

「ゆがみ解消で足もとから美しく」をテーマとした情報発信について

今日のブログは、主に女性向けのファッション雑誌など、メディアの方々に向けて発信しています。

メディアの皆様、「女性のオシャレにがまんはつきもの」という合言葉を世の中から消してください。

がまんしなければいけないということは、何かしら苦痛を伴うことを意味します。例えば、ハイヒールを履くとつま先が痛い、膝が痛い、腰が疲れる、といった不調や不満は、まさにハイヒールが体に有害であることを示しています。その延長線上には、関節の変形や慢性的な腰痛につながる危険性があり、日本の医療費を増大させる一因となっています。

このような問題を放置すべきではないと考え、私どもは関節の歪みを20歳代から予防することを目指した取り組みを進めています。

具体的には、ハイヒールを履いてつま先が痛くなると、無意識のうちに足を傾けます。その結果、膝にねじれが生じます。さらにその影響で、骨盤が弛んだりゆがんだりして、腰部にまで問題が拡大します。そして、40-50歳代になると、整形外科の常連客となってしまうのです。

その解決策の一つが、つま先への負担を軽減するためのインソール、そしてそれらを内蔵するハイヒールの開発です。これによって、ファッション性を犠牲にせずに、つま先の負担を劇的に改善させ、足や膝を真っ直ぐに保つことが可能になりました。

重要なのは、このインソールが売れることではありません。このインソールの使い心地を多くの女性に体験してもらい、その履き心地を基準として、いつも履いている靴がいかに体に負担をかけているのかに気づいてもらいたいのです。そして、靴文化全体を「オシャレで健康的」な履き物を求めるような空気を作っていきたいのです。

メディアの方には、是非ともより成熟した靴文化、ファッション文化のために、この話題を取り上げて頂きますようお願い申し上げます。

詳細は広島国際大学 蒲田研究室までお問い合わせください。
メールアドレスはinfo@ortho-pt.comです。


ReaLine リアライン ~からだのゆがみを科学する~ www.GLABshop.com

2011年5月1日日曜日

リアライン・フィットネスの具体化に向けて

フィットネスクラブとのタイアップで、”リアライン・フィットネス”を本格的にスタートしました。

フィットネスクラブが提供するエクササイズは多岐にわたりますが、関節の歪みをダイレクトに改善するプログラムは存在しません。それは関節の歪み自体、医学的にまだまだ未知の部分が多いためです。それに正面から取り組むのがリアライン・フィットネスです。

リアラインの対象は全身の関節ということになりますが、まずは最も問題が起こりやすい膝を中心とした下肢にしぼったプログラムを立ち上げます。


リアライン・フィットネスとは。
・関節の歪みを整えることを主目的としたフィットネスプログラム
・対象者
  ●運動意欲が高く、医師から運動を許可された方。
  ●日常生活に問題が無い程度の軽い痛みも含む
  ●O脚が気になる方
  ●ハイヒールを履くとヒザや腰がつかれる方

リアライン・フィットネスの内容
・左右対称な下肢の運動を習慣化
・膝の捻じれを正常化
・骨盤のコントロールに必要な股関節機能の対称化 
・骨盤底筋・腹横筋機能の対称化
 つまり、下肢の歪みを整え、骨盤まで対称にしようというものです。

具体的な運用
(1)グループレッスン(レベル1): スクワットなどインパクトのない運動のみ
(2)グループレッスン(レベル2): 足踏みなどゆっくりとしたステップ運動
(3)グループレッスン(レベル3): やや素早いステップ運動
以上の内容を正しく進めるツールとしてリアライン・バランスシューズ(膝用)が必須です。これが無ければ、膝の捻じれに気づくことすらできません。

日常生活におけるサポート
・せっかくレッスンで下肢の歪みを整えても、日常生活でまた歪みを再発させては意味がありません。膝の捻じれを防ぐには足のアーチ(特に外側アーチ)を的確にサポートする必要があります。そのためにはリアライン・インソールは不可欠です。



ReaLine リアライン ~からだのゆがみを科学する~ www.GLABshop.com